alucepsの日記

ソフトウェアエンジニアをしているおっさんが生きている中でメモしたいと思ったことを記録します。

電力会社を検討した

電力自由化がはじまってから1年ちょっとたつけれど何もしていなかったので改めて検討しようかなと思い立った。本当は何もしていないわけではなく料金シミュレータを使って調べた時「現在のままが一番お得」とのことだったので特に変更はしていなかった。でも色々なきっかけがあり見直して見ることにした。

きっかけ

通勤にはJRを使っているのでSUICAを常に使用している。ちょっと前にオートチャージを利用するためにビューカードを入手した。普段の買い物などでもSUICAが使える環境ならSUICAで支払いをしている。

クレジットカードは2枚持っている。ビューカードとメインで利用しているクレジットカードの2枚だ。クレジットカードのポイントを貯めることを考えるとできればクレジットカードは一本にまとめたい。SUICAも使うし定期券も利用する。そうなるとビューカードにまとめるのが最も効率がよさそう。

ということで様々な支払いの変更をしているときに、その数が多くてうんざりした。家賃に光熱費にインターネット回線に携帯電話など。なんとか支払いの窓口をまとめることができないかな?と考えていたときに電力自由化の話とガス料金をまとめるとお得になる話を思い出して今回の検討に至る。

候補

候補としては次の5つ。

loopでんきとスマートでんきは他の企業の料金プランとは変わっていたので候補として加えた。ちなみに試算する時のもとにしたのはこれ。いずれも候補のリンク先にある情報を使っている。

30A 基本料金 1段階 2段階 3段階 超過料金 割引料金 最低料金
東京電力(従量電灯B) 842.40 19.52 26.00 30.02 - 0.00 231.55
東京電力(スタンダードS) 842.40 23.40 23.40 30.02 - 0.00 231.55
東京ガス 842.40 23.24 23.45 25.93 - 270.00 540.00
loop 0.00 26.00 26.00 26.00 - 0.00 -
スマートでんき(定額150) 3,750.00 - - - 28.50 0.00 -

比較する

我が家(といっても一人だけど)の電気使用量は少ない時で120kw多い時で250kwといったところなので10kwずつ刻んで試算してみた。平均するとだいたい180kw。

こうしてみると東京電力の新プランは我が家の場合だと高い。スマートでんきも使用量によっては今より高い時がある。loopでんきは全体を通して安い。あとは東京ガスだけれど…うーん。

結論

東京ガスとloopでんきで迷ったけれど、東京ガスの場合インターネットもまとめることができさらにお安くなるとのこと。支払いの窓口もまとめられるし安くなるなら東京ガスにしようかなという結論に至った。

節電母さん

節電母さん