alucepsの日記

ソフトウェアエンジニアをしているおっさんが生きている中でメモしたいと思ったことを記録します。

Electron をいじってみる

準備

Electronのウェブサイトに記載されている「Get started with Electron」の通りに進める。

git clone https://github.com/electron/electron-quick-start
cd electron-quick-start/
npm install && npm start

npm がなかったので nodebrew でインストールする。

brew install node

もう一度 npm 周りを実行。

npm install
npm start

npm start するとこんなウインドウが表示された。

f:id:aluceps:20160511141435p:plain

ドキュメントを読む

チュートリアルに書かれている内容を読んでみる。

Main Process

package.json に記述されている "main": "main.js" がメインプロセスということらしい。

main.js

上から順番に見ていく。

'use strict';

const electron = require('electron');
// Module to control application life.
const app = electron.app;
// Module to create native browser window.
const BrowserWindow = electron.BrowserWindow;

// Keep a global reference of the window object, if you don't, the window will
// be closed automatically when the JavaScript object is garbage collected.
let mainWindow;

これはいわゆるおまじないの部分。

function createWindow () {
  // Create the browser window.
  mainWindow = new BrowserWindow({width: 800, height: 600});

  // and load the index.html of the app.
  mainWindow.loadURL('file://' + __dirname + '/index.html');

  // Open the DevTools.
  mainWindow.webContents.openDevTools();

  // Emitted when the window is closed.
  mainWindow.on('closed', function() {
    // Dereference the window object, usually you would store windows
    // in an array if your app supports multi windows, this is the time
    // when you should delete the corresponding element.
    mainWindow = null;
  });
}
  • new BrowserWindow でブラウザウインドウを指定のサイズで作成する
  • loadURL で指定した index.html を読み込む
  • openDevToolsChromium の開発ツールを開いた状態にする
  • ウインドウを閉じた時に mainWindownull にする
// This method will be called when Electron has finished
// initialization and is ready to create browser windows.
app.on('ready', createWindow);

// Quit when all windows are closed.
app.on('window-all-closed', function () {
  // On OS X it is common for applications and their menu bar
  // to stay active until the user quits explicitly with Cmd + Q
  if (process.platform !== 'darwin') {
    app.quit();
  }
});

app.on('activate', function () {
  // On OS X it's common to re-create a window in the app when the
  // dock icon is clicked and there are no other windows open.
  if (mainWindow === null) {
    createWindow();
  }
});
  • ready 状態になったら先ほどの createWindow が呼ばれる
  • ウインドウを閉じるとアプリ終了とする
  • activate 状態になったら createWindow が呼ばれる

OSX の場合はウインドウを閉じてもアプリを終了しない。Dock のアイコンがクリックされるなどして新たにウインドウが作成された場合はもう一度 createWindow を呼ぶようだ。

main.js を変更してみる

早速 main.js を変更してみる。とりあえず Google の Web を表示させる。あと開発ツールはいらないので表示しない。

--- main.js.org
+++ main.js
@@ -15,10 +15,7 @@
   mainWindow = new BrowserWindow({width: 800, height: 600});

   // and load the index.html of the app.
-  mainWindow.loadURL('file://' + __dirname + '/index.html');
-
-  // Open the DevTools.
-  mainWindow.webContents.openDevTools();
+  mainWindow.loadURL('http://www.google.com');

npm start カチャカチャカチャ…ッターン!

f:id:aluceps:20160511141310p:plain

ということで簡単に Google アプリができた。簡単に OSX アプリが作成できたが、任意の OS コマンドが実行できるのでセキュリティ面は考慮する必要がある。Electron のセキュリティについては mobage developers blog で次のように書かれている。

通常のブラウザ(Chromiumを含む)であれば、window.openでfileスキームを指定しても開くことができない制約が入っていますが、Electronでは、このwindow.openをoverride.jsによってoverrideしていてブラウザとは異なる挙動をする仕様になっています。

override.js の恩恵で簡単にデスクトップアプリケーションが作成できる反面、セキュリティ面の考慮を怠ると簡単に悪意のコードが実行できてしまうので、その点は気をつけて Electron と戯れたい。